WSL2のインストールとintel oneapi

Ubuntuのインストール

研究室の学生使用のPC(Windows 10)にWSL2でUbuntu20.04LTS環境を整備した.

1.「Windowsの機能の有効化または無効化」から
   ①「Hyper-V」
   ②「Linux用Windowsサブシステム」
   ③「仮想マシンプラットフォーム」
   をチェックして再起動する.

2.その後,Windows PowerShellを管理者権限で開き,以下のコマンドを実行
   ①

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

   ②

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

   ③

wsl --set-default-version 2

*WSL2を利用する際に,Linuxカーネル更新プログラムが必要な場合がある.
 その場合は,Webページからダウンロード,実行しておく.

上記のコマンドが入力できた後,ストアからUbuntu 20.04LTSをダウンロード・インストールする.

インストール後,実行すると,
ユーザー名とpasswordの入力画面が表示される.

ここまででUbuntuのインストールは成功

続いて,インストールしたUbuntu内で作業する.

まずは,

sudo apt -y update
sudo apt -yV upgrade

上記のコマンドを実行して場を整える

その後,intel oneapiをインストールする.

Intel oneapiのインストール

wget https://apt.repos.intel.com/intel-gpg-keys/GPG-PUB-KEY-INTEL-SW-PRODUCTS.PUB
sudo apt-key add GPG-PUB-KEY-INTEL-SW-PRODUCTS.PUB

上記のコマンドによりIntelのリポジトリの公開鍵を取得し,APIのキーリングに追加する

echo "deb https://apt.repos.intel.com/oneapi all main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/oneAPI.list

これでAPTがIntelのリポジトリを確認するように設定

sudo apt update

用意したリポジトリからapt installできるよう,更新する.

sudo apt install intel-basekit
sudo apt install intel-hpckit

上のコマンドを一つずつ入力することでインストールが完了(BaseKitは時間かかる).

source /opt/intel/oneapi/setvars.sh

インストールした後は,「~/.bashrc」に上の一文を追加しておく.

以下のサイトを参考にしました.

https://www.kkaneko.jp/tools/wsl/wsl2.html

https://qiita.com/implicit_none/items/35bc4be8f2022903747a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。