WRFでmpirunを実行

以前より自分のPCではserial環境でWRFの計算を行ってきたが,mpirunを試す必要性が出てきたので挑戦.

用意するもの
mpich
WRF
WPS

まず,mpichをインストールする(手順はmpich3のインストールに従う)

インストール完了後,bshrcを編集

export PATH=$MPIDIR/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=$MPIDIR/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export MANPATH=$MPIDIR/share/man:$MANPATH

続いてWRFを並列計算用にコンパイル
configureでは,gfortran compiler with gcc (dmpar)を選択

完了後はWPSを並列計算用にコンパイル
こちらも同じくgfortran compiler with gcc (dmpar)を選択

実際に計算を行うときには,
mpirun -n コア数 ./wrf.exe
で計算を行う.

体感ではかなり早くなった気がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。