WRFでSSTを差し替える際の設定

WRFでSSTを差し替えて計算したい

今回は,real.exeを実行し,できた入力・境界条件でSSTを別のものに差し替えるという方法

手順として,namelist.inputの編集から始める

&time_control

io_form_auxinput4 = 2
auxinput4_inname = “wrflowinp_d<domain>”,
auxinput4_interval = 360,360,

&physics
sst_update = 1,

これで6時間毎にSSTが更新されていく

real.exeを実行し,出力されたwrfinput及びwrflowinpを確認する

次に使用したいSSTデータを用意する.
今回は気象庁のMGDSST,HIMSSTを選択
他にも種類は多数存在する (例えば,OISST)

ここからの作業はmatlabを使用した.
簡単にまとめると,wrflowinpのSST,HIMSSTのSSTを読み,元のSSTをHIMSSTの値に差し替えるというもの.

参考図

NCEP,HIMSSTで値はかなり違うことが確認できる

今回は,HIMSSTを使用したため,日別のデータを6時間間隔で内挿することでWRFで使用できるようにした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。